最新情報

2016年5月3日
airbnb雑学
日本国内の旅行でもAirbnbが活躍しました
Airbnbというサービス自体は、ネットニュースなどで話題になっていましたから、開始当初から知っていました。た・・・
2016年4月3日
airbnbとは
「Airbnb」ってどういうものなの?
海外旅行に行ったことのある人はそれなりに多いとは思いますが、実際に現地の人の生活を体験した人は少ないのではない・・・
2016年3月3日
airbnb雑学
旅行プランを計画するときに必要なこと
旅行者が宿泊する施設を、リーズナブルな価格で提供するAirbnbというサービスが人気となってきています。旅行先・・・
2016年2月3日
airbnb雑学
Airbnbを利用して自宅を旅行者に貸し出しています
Airbnbというサイトに仲介してもらって、自宅の空き部屋を海外からの旅行者に貸しています。私の部屋は有名な観・・・
2016年1月10日
airbnbとは
airbnbのサービスについて
airbnbというサービスが今とても話題となっているんですね。こちらのサービスですが、どういったものなのかとて・・・

日本国内の旅行でもAirbnbが活躍しました

Airbnbというサービス自体は、ネットニュースなどで話題になっていましたから、開始当初から知っていました。ただ、なんとなく海外専用のサービスという気がしていたんですよね。実際に東南アジアに旅行した時に使ったことがあるのですが、シェアハウス風の建物で多くの国の人と交流しましたので、その印象が強かったのかもしれません。
今回は日本国内の旅行を計画していたのですが、外国人観光客が増えていることもあって、宿泊費は以前よりも高くなってしまいました。そんな時に、Airbnbの存在を思い出して、サイトにアクセスしてみたんです。すると、意外にも日本でもサービスを行っている人が多いんですね。考えてみれば、民宿をインターネット上で予約できるような内容なんですから、日本にこそふさわしいサービスなのかもしれません。
今回私が宿泊したのは、四国にあるワンルームマンションです。Airbnbのサイトで氏名やカード情報などを入力して予約を行ったのですが、一泊2千円台という、通常のホテルでは考えられないような安さでした。実際に、飛行機で現地に向かって、建物の所有者だという初老の男性から、鍵を受け取りました。当たり前ですが言葉は通じますし、郊外とはいえ見慣れたコンビニなどもありましたから、まったく心配はありませんでしたね。トイレと浴室が共有でしたが、最初にお話ししたように東南アジアに旅行した経験がありますから、まったく気になりませんでした。
四国はうどんなどおいしい食べ物が多いことで有名ですが、いろいろなお店で食べ歩きしようとすると、結構お金がかかってしまいますね。ですが、今回はAirbnbで格安の部屋を予約しましたから、グルメにお金を使うことができました。旅行後に調べてわかったことですが、Airbnbで借りられる日本の物件の中には、今回私が泊まったワンルームマンションのほかにも、小規模な旅館やホテルもあるようですね。今後は個人旅行だけではなく、出張の際にも積極的に利用したいと思います。

「Airbnb」ってどういうものなの?

海外旅行に行ったことのある人はそれなりに多いとは思いますが、実際に現地の人の生活を体験した人は少ないのではないでしょうか。パッケージツアーで観光地を回っても現地の人と触れ合うことはできませんし、フリーツアーでもホテルに宿泊していては現地の人たちにとっては「お客様」以上の扱いを受けることはありません。でも、もし現地の家を借りることができれば、現地の人と触れ合い、現地の生活を実際に触れられる貴重な体験ができるのではないでしょうか。そんなサービスを提供しているのが「Airbnb」です。
「Airbnb」が宿として提供している民家はロンドンやパリ、ニューヨーク、ロサンゼルスなど190カ国の34,000都市にのぼります。「Airbnb」のサイトでアカウントを作成して、検索をかけて好みの物件を探します。予約をリクエストすれば、あとの手続きは「Airbnb」がやってくれますので、あなたは決められた日にその場所に行けばいいのです。現地の民家に安全に宿泊できるのですから、現地の人と同じように買い物をするなど、普通の旅行者では体験できないことを楽しめる、ちょっとだけ変わったツアーが体験できます。
気になる宿泊料の方ですが、普通の民家だけあってばらついていますが、安いものだと1泊5000円を切る物件も存在していますので、上手く利用すれば旅行の費用を抑えることも可能になります。万が一、旅行中に問題が起きた場合でも返金に応じるシステムになっていますので、ご心配なく。
また、何らかの理由で空き家を抱えている人は、「Airbnb」を通じて宿として提供することも可能です。実際「東京」や「大阪」、「京都」など日本の都市で検索をかければたくさんの物件がヒットします。日本でもホストとして「Airbnb」を利用している人がいるということです。普段の生活で使用していない物件を国際交流のために提供して、なおかつ宿泊料までもらえるのですから言うことなしですね。
旅行したい人も、宿を提供したい人も、一度「Airbnb」のサイトをのぞいてみてはいかがでしょうか。

旅行プランを計画するときに必要なこと

旅行者が宿泊する施設を、リーズナブルな価格で提供するAirbnbというサービスが人気となってきています。旅行先で空き物件に宿泊する事が可能なサービスなので、自由な物件選びが可能になります。

旅行に行き慣れてる人の場合は、どこの国のホテルに泊まっても似たような部屋であるし、食事についてもある程度のレベルの食事が提供されます。つまり、印象に残らないホテルと食事になってしまうので、このあたりをガラッと変えると楽しめるのです。

Airbnbを利用するには、ネットでユーザー登録して、現地の物件を検索する事になります。この時に旅行先でよく回る地域を中心に地域を絞り込んでいくのです。

そして、予定している地域一帯にどのような物件が登録されているのがすぐに分かるので、その物件の中から価格的にも間取り的にも自分が納得できる部屋を決めるようにします。

この時にポイントにしているのは、物件を所有しているオーナーがどれくらいAirbnbの利用者に支持されているかです。これまで利用したお客さんが、その物件の使い勝手やオーナーとのやりとりについてのレビューを残しているのです。

このレビューを参考にしていくと、実際に旅行の際にどれくらい楽しめそうであるか分かってくるのです。また、物件を所有しているオーナーの人柄が分かってくるので、安心できる旅行になりそうか検討することができます。

Airbnbの使い方が分かってくると、旅行を更にリーズナブルに楽しくすることが可能になるのです。この時ホントになるのは、航空券を手配するときの費用を安くする事ができるかです。

旅行代理店がプランしているツアーの場合、航空券も含めて安くなる可能性が有るため、自分で旅行プランを立てたときにはどうしてもこの部分のコストを下げる事は難しいはずです。

そんな事があるため、トータルで安く楽しく旅行をするために、どのプランを選ぶか迷うようになります。しかし旅行になれている人であれば、Airbnbを利用する人が多くなってきているのです。

Airbnbを利用して自宅を旅行者に貸し出しています

Airbnbというサイトに仲介してもらって、自宅の空き部屋を海外からの旅行者に貸しています。私の部屋は有名な観光地のそばにあるので、一年を通して宿泊客に恵まれています。いろんな国から、いろんな人がやってきますが、外国人との交流は楽しいです。そのうえ、宿泊料も稼げるのですから、私はAirbnbが提唱している「民泊サービス」に大変満足しています。

私がAirbnbに登録している部屋は、私が現在住んでいる一軒家の離れにある空き部屋です。4~5人は寝泊まりできる大きめの部屋で、トイレやお風呂は私たちホストと共有することになりますが、キッチンは備え付けています。その部屋を1泊5~6千円くらいで貸し出しています。朝食を望むゲストには追加で1千円を頂いています。この価格が高いのか安いのかは私にはよく分かりません。しかし、安定して宿泊客が訪れ、レビューでも上々の評価を頂いているので、高くはないのでしょう。月々としては、5~10万円くらいの収益となっています。これを少ないと思う人もいるかもしれませんが、もともとは物置だった空き部屋がお金を産んでくれているのです。それに、民泊サービスはあくまで副業の位置づけですから、私はこの金額で十分満足しています。

宿泊客は主に中国や韓国からの旅行者が多く、ときどきヨーロッパやアメリカからの旅行者が泊まることもあります。友人にAirbnbの話をすると、部屋が荒らされたり、盗難されたりすることはないの?との心配を受けますが、私はまだそのような経験はありません。どんな国から来た人も、みんなそれぞれ良い人たちでした。それに、Airbnbのサイトには評価システムがありますので、それを参考にして、問題のありそうなゲストはお断りすることができます。日本ではまだまだ抵抗感の強そうなAirbnbですが、世界的にはスタンダード化していますし、実際に経験してみれば、心配するほどのリスクはないものだと納得していただけると思います。

私は異国の人と交流するのが好きですので、今後も細々とAirbnbを続けていければいいなと思っています。

airbnbのサービスについて

airbnbというサービスが今とても話題となっているんですね。こちらのサービスですが、どういったものなのかとても気になるという人も多いと思います。本日は、airbnbホスト視点からわかりやすくairbnbの考察をしていこうと思います。

こちらのairbnbですが、まず、こちらのサービスは、海外旅行などに行く人が利用するととても便利なサービスとなっているのが特徴ですね。たとえば、こちらのairbnbを利用すると、さまざまな海外の国において、現地の家などを借りることができるというサービスになります。ですので、ホテルなどの旅に飽きたという人やまたグループなんかで旅をしてみたいという人や、また現地の家に住んでみたいという人などはこちらのサイトを利用することで、一風変わったたびなどができるというわけです。

最近では、バックパッカーの人なんかが増えてきていますし、安宿などが人気となっていますが、こちらのサービスの場合は、自宅の家を借りることができるということで、衛生面なども安心できることが多いですし、また広々と使うことができるというのが大きな特徴となっています。

こちらのairbnbについてですが、世界中で使われているサービスで、こちらのエアビーアンドエアビーが仲介をしているということなので、自分自身で契約をするという必要性がありません。ですので、とても使いやすいですし、初心者の人でも使いやすくなっています。

最近では、日本語のサイトなどもありますので、英語が苦手という場合でも、それほど難しくなく借りることができるというのが大きなメリットとなります。ルールなどは、その家の持ち主と言うホストが決めるということになっていますので、こうしたルールをしっかりと守って、滞在するということが必要となります。しかし、何かあった場合は保証料などをairbnbが払ってくれるということになりますので、貸す方も借りる方も安心して利用できます。

Airbnbこれからのために必要なこと

世界的な広がりで普及しているAirbnbですが、便利な反面やはりトラブルも増えているようです。2008年に始まったサービスですから新しい物にはトラブルはつき物、これから改善されていくのでしょう。とはいえ、新しいがゆえの不備による物だけではありませんからトラブルが無くなる事は無いでしょう。新しく出来た物やサービスは新しいトラブルを生むのです。たとえば電話です。

電話が出来たことで世界は繋がりました。最初は音声だけだった情報も今や文字や映像がインターネットを通じてやり取りされています。電話の登場が経済を発展させ人々の暮らしを豊かにしました。電話とその回線網抜きには世界は成り立たないといっても過言ではないでしょう。しかしその一方で電話は新たなトラブルをもたらす物にもなりました。小は嫌がらせ電話から大は脅迫や詐欺など犯罪に関わることまで、きっと今も世界中のどこかで電話は犯罪の手段や道具として使われているでしょう。それを承知で人々が電話をというか電話回線を使ったサービスを使い続けるのは便利な物には必ず副産物として不便が付いてくることを許容しているからだと思います。

Airbnbにもトラブルはあります。これからも増えていくでしょう。でもだからといって禁止してしまえば社会を便利にし、成長させる芽を摘むことにもなりかねません。電話とAirbnbを同列には比較出来ませんが、電話が電気信号による情報の流通網なら、Airbnbは人の流通網です。情報も人もその流れはお金を生みます。経済を動かします。人の流れが増えればAirbnbの成長にとどまらず中国人旅行者の爆買いのように経済効果は多方面に波及していくのです。電話は長い時間をかけて成長発展し必要不可欠の物となっただけでなく新たなビジネスを生む基盤ともなっています。Airbnbはまだ生まれて間もない新しいサービスです。悪い所ばかり見て否定するのではなく、良い所と悪い所両方をしっかりと見極めたうえで長期的な計画の下、改良・改善または修正して発展させていく必要があると思います。

Airbnbを利用した、お得でロマンティックな新婚旅行

私事で恐縮ですが、さきごろ、長年交際していた女性と結婚しました。こんな私でもこの歳で所帯を持てることになろうとは思ってもいませんでしたから、妻には感謝しています。私はいわゆるフリーランスとして働いていますので、生活に困るほどではありませんが、収入は同年代の人たちと比べてかなり少なくなっています。妻は贅沢に興味がないようですし、お金に関する愚痴をこぼすこともまったくないのですが、私のほうが申し訳なくなってしまいます。せめて記念に新婚旅行に行きたいと思っていろいろ調べたところ、Airbnbというサービスを見つけました。

Airbnbで宿泊先の検索を行ったところ、格安の部屋ばかりでびっくりしたのですが、これは一般的なホテルや旅館ではなく、個人が提供する家に宿泊できるサービスなんですね。これを新婚旅行に使うのはどうだろうかと思いましたが、価格は魅力的でしたから、念のために妻に尋ねてみました。すると、「面白そうじゃない。使ってみよう」という前向きな返事がありました。思わず嬉しくなって、妻が行きたがっていたオーストラリアの宿泊先を探しました。

私たちがAirbnbで予約したのは、かつてエアーズロックと呼ばれていたウルルの北東300kmほどにある町です。二人で約1万6千円という安さのため、豪華なホテルではなく、ロッジのような建物でしたが、妻は「隠れ家みたいで素敵ね」と言ってくれました。ホストの男性はフレンドリーでしたし、料理もおいしかったですね。また、夜中に眠れず、妻と一緒に家の外に出てみると、まさに満天の星空と表現するほかない見事な夜空が広がっていて、何も言えずにただただ見入ってしまいました。翌日観光したウルルとあわせて、忘れられない新婚旅行となりました。

普通のホテルに泊まれば体験できないような思い出を作れましたから、価格面も含めて、Airbnbには感謝しています。Airbnbのような手作り感のあるサービスは、ただ安いだけではなくて、人の温かみが直に感じられるようで、利用して本当に良かったと思っています。

別荘をairbnbに登録して、旅行者に貸し出してみた

みなさんは別荘の管理をどうしていますか?私は海沿いに別荘を一つ持っているのですが、利用するのはもっぱら夏季休暇やGWのときだけ。それ以外のシーズンはたまに空気の入れ換えのために訪れる程度でした。無駄な買い物をしたなと後悔するところもあり、よい買い手がいれば売ってもいいなと考えていました。しかし、そんなある日、airbnbの存在を私は知ることになるのです。

airbnbは別荘の維持に悩む人にとっては救世主のようなサービスかもしれません。airbnbとは、空き物件を短期的に貸し出したい人(ホスト)と、空き物件を短期的に借りたい旅行者(ゲスト)とをマッチングするサービスのことです。ホストはどんな物件でもairbnbに登録することができます。一軒家でもマンションでも、もちろん別荘でも構いません。airbnbに登録された物件は宿泊施設としてインターネット上に公開され、旅行者の目に留まるのを待つことになるのです。別荘をもてあましていた私にとっては渡りに船のようなサービスでした。さっそくairbnbに別荘を登録し、自分たちが使用しないときは旅行者に貸し出すことにしました。中には運営から管理、代行サービスをしてくれる会社まであります。中でも人気なのがやはりairbnb掃除代行のサービスです。掃除を任せることで手間がはぶけ、料金もリーズナブルでおすすめです。悩んでる方は是非リンク先のサイトを覗いてみてくださいね。

別荘をairbnbに登録してからというもの、これまでたくさんのゲストに利用してもらえました。海外から来た旅行者の利用が多いのですが、日本人の利用も少なくありません。別荘は私の自宅から離れているので、鍵の受け渡しや部屋の清掃などは代行業者にお願いしています。おかげで、ほとんど手間がかかりません。私がしていることと言えば、ゲストからの宿泊希望を受け取り、それを認可することくらいです。そんな軽作業をこなしているだけで、それまでお荷物だった別荘が宿泊施設として収益を上げるようになったのですから、airbnbというサービスの登場には感謝するばかりです。

かつての私のように物件をもてあましているような人は、是非ともairbnbを利用してみるとよいと思います。最近の日本では「空き家問題」が話題になることも多いですが、airbnbを経験した私からしてみれば、なんとも勿体ない話です。もてあましている空き家ならば、airbnbに登録して、どんどんお金を稼いじゃいましょう。

Airbnbでホストになるときの注意点

Airbnb(エアビーアンドビー)でホストになるときの注意点をいくつか見ていたのですが、Airbnbが保証金をどうしているのかということの流れを理解しておくことも必要なようですね。ゲストが滞在中に事故などが起きてしまうこともあるわけですし、実際に中国だったかで事故があったというニュースを見たような記憶があります。このような事故が起こったときに備えて、Airbnbが保証金をどうしているのか分かっておいた方がよさそうです。
また、Airbnb以外の保険に加入しておいた方がいいと、Airbnb自身もすすめています。家主・貸主保険に入っておくと安心は増します(当たり前ですけどね)。またホストをサポートしてくれるairbnb代行・エアビーアンドビー掃除代行お任せ下さい!《Airbnb Supporters》 のような代行サービスサイトもありますので知っておいて損はないでしょう。
ホストの責任というものもしっかりの認識しておかなければいけません。ホストの責任というページをよく読むことをおすすめします。ホストの責任というページは、かなりたくさんのことが書かれています。ホストにも一定の責任がありますよね。ただ貸せばいいというものでもないでしょう。特に、外国人に貸すような場合は、日本人なら当たり前のことだとしても、外国人は知らずに何かとんでもないことをしでかすことだってあるわけです。日本人には思いつかないようなことに対して、準備をするというのは難しいことではありますが、それでもできる限りのことはしておかなければいけないのです。
パーティーのホストやイベントのホストって、案外たいへんなことが多いのですが、そのぶんやりがいもあって、とてもいい体験になります。ホストのおもてなし次第で、ゲストの旅の印象が大きく変わることだってあるでしょうからね。そう考えると、ホストは外交官のような役割を果たしていると言えるかもしれません。ホテルや旅館であれば、従業員は教育を受けています。ホストはそうではありません。ですから、いろいろなことを学ぶ必要もでてくるわけです。

個人旅行が好きな私はAirbnbに大変興味があります。

私は学生時代の頃からワーキングホリデーに興味関心がありました。自分でワーキングホリデー制度に加盟する国から行きたい国を選び、仕事をしながら旅行して、半年から1年間、その国に滞在できる制度です。

しかし、ワーキングホリデーで海外へ暮らすといっても、ある程度の資金がなくては現地で生活もできません。私は学生時代、家庭の諸事情で両親からの仕送りもなかったため、アルバイト代だけで生活せねばならず、とても貯金などできる状況ではなかったため、ワーキングホリデーも断念せざるを得ませんでした。

大学を卒業し就職しても、仕事に行き詰った時などは特に、またワーキングホリデーへの想いがふつふつと湧き、悶々とした日々を送っていました。そして、新卒で入社した会社を一身上の理由で退職し、新しい会社へ入社するまで1か月半の時間ができたとき、私は迷わず海外へ行きました。この1か月半の時間を疑似ワーキングホリデーの時間ととらえ、私はニュージーランドへと向かいました。

ニュージーランドではワーキングホリデーの方々が宿泊されるようなバックパッカーズやユースホステルなどに泊まり、世界各国から来られた旅行者とともに、部屋をシェアして寝泊まりしました。旅費を安く抑えるために、外食は必要最低限にし、基本的にはスーパーで買い物をして食堂で自炊しました。食堂では自炊する旅行者が数多くいるため、世界各国の料理を見ているだけでも貴重な経験となり、面白かったです。

このように、個人旅行でも、ワーキングホリデーのように、他の旅行者と気軽に会い、話し合えることも可能ですが、最近ではAirbnbなる世界的なサービスも登場してきました。空き部屋を有料で貸すことができるというこのAirbnbですが、私がこの個人旅行を行なっていた約15年ほど前にこうしたサービスがあれば、私はまっさきに利用していたのではないかと思います。

今は世界のあらゆる国の他、日本でもサービスが運用されてきているので、仕事で他県への出張の際でも、場合によっては利用も考えてみたいと思っています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ