2015年 8月 の投稿一覧

Airbnbは私に合ったサービスのような気がします

現在、私は40代半ばの独身サラリーマンです。相撲取りになるため高校を卒業したあと上京しましたが、状況するときに乗っていた新幹線のなかで私の身長が低すぎて相撲取りにはなれないことが判り相撲取りになる夢は諦めました。確かそのときの私の身長は155センチくらいだったと思います。すなわち相撲取りになるためには明らかに身長が足りなかったことになります。相撲取りには慣れませんでしたが何とか無事にフリーターにはなることができました。たったいちどの人生なので思い切って好きなことをしたいと思い田舎には帰らずフリーターで働いてきました。楽しい人生を歩いて来たと思いますが私も結婚を考えて10年前から婚活パーティーなどに参加して結婚相手を見つけようとしているのですがなかなか良い相手が見つかりません。お金も結構使っていてそろそろフリーターで貯めた貯金もなくなってきました。アルバイト代もなかなか増やしてもらえそうもないので何か副業でもしようかと思いました。試しに株でもやってみようかと思いましたが小さい文字を見ると頭が痛くなるので止めました。クレジットカードの現金化は簡単で良さそうだと思いクレジットカードを作ろうとしたのですが審査で落ちてしまいしまた。そこで何か別の副業はないかと調べてAirbnbというものを見つけました。自分の部屋を旅行者に貸してお金が貰えるというサービスです。世界的に爆発的な大人気になっている最新のサービスだということです。Airbnbサービスで空いている部屋や自分の家を旅行者に貸してお金をもらっているひとが世界的に増えているそうです。Airbnbはとくに元手もなく登録すればできそうなので私にピッタリのサービスではないかと思いました。もしかしらAirbnbで私の部屋に泊まりにきた金髪の美しい女性と恋に落ちて結婚てきるかも知れません。こう考えるともう私の頭のなかはAirbnbでいっぱいになってしまいました。Airbnbでお金儲けができて綺麗で優しい結婚相手が見つかったら本当に良いと思っています。

Airbnbというモデルは新しいビジネスとして稼げる

Airbnbの運営会社は、不動産を紹介してきた人の家を直接的に利用者に紹介するビジネスモデルを展開しています。紹介料として一部を利益として計上する中で、不動産を紹介した人にも賃料として収入が入ってきます。従って、多くの不動産を持っている人にとっては賃料を支払われた時点で、紹介料などを差し引いた分のお金が入ってくる事で、大きな収入を得られるチャンスがあります。
Airbnbを通じて、物件を紹介する中で多くの利用者に使ってもらうほど大きな収入を得られます。利用者も快適に使う事を目的としている場合が多いために、当然ながら安全で清潔な物件を優先的に利用する傾向です。物件を持っている人は、利用者のために快適に使ってもらうために部屋の清掃を心掛けたり、リフォームなどを鑑みてきちんと管理をするという意識を持つことが大事です。安心を感じさせる手入れによって、多くの利用者に対して快適な印象をもたらして、快適さなどの評価による口コミで結果的に家賃収入が多く得られやすいです。
不動産を持っている人が、物件をAirbnbを通じて紹介する場合、維持費や管理費は当然ながら自己負担として支払わなけばならないです。また、Airbnbに対する紹介料や高額なリフォーム代などの支払いを考えて、将来的な損益の部分も考慮しておく事が大事です。売上を出すために利用者に使ってもらう投資を惜しまないことが基本で、良い所などを写真に収めながら使ってもらうメリットなどを予め考えておくと良いです。
基本的に家の広さが大きければ大きいほど、家賃などを高額に設定できます。有名な不動産投資の行い方として、初期投資などの額に注意しながら利用者に紹介していきます。Airbnbはお金をもうけるという観点よりも、紹介する立場として良い物件を紹介している傾向です。多くの利用者に使ってもらうほど初期費用などを早く回収しやすいので、投資に関する費用対効果などに関する知識を十分に得ておく事も必要です。

Airbnbの有効活用で楽しい旅行を

Airbnbというサービスがあります。
これはサンフランシスコ発の旅行者向けのWEBサイトで、登録をすることで誰でも世界中で現地の人が住む家を直接宿泊先として借りることが出来るという非常に素晴らしいサービスなのです。
このサービスのお陰で、沢山の観光客が押し寄せた場合でもホテルが借りられずに途方に暮れることもなく、むしろホテルに泊まるよりも充実した旅行になる場合も多々あるのです。

日本でもAirbnbの利用者は増えており、楽しい海外旅行を実践している方も多いのです。
沢山の国の方が登録していることもあり、大抵の場合は現地の登録者の家を借りることが出来ます。
その経験はまさに旅行者にとって忘れられないものになるでしょう。

普通の旅行と違い、現地の家に泊まるということはその国の文化や習慣を直接現地の方に目の前で教わることが出来るのです。
観光だけして帰るのも楽しいかもしれません。
しかし現地の方とより深い交流をすることで、違った何かが見えてくることでしょう。
色々と知らなかったことを知る良いきっかけとなるのです。
旅行者目線だけではなく、現地の人目線での話を聞くことで、より一層その国に興味をもつかもしれません。

Airbnbに登録している日本人の中には、自宅を宿として提供している方も多数います。
海外の方と日本にいながら頻繁に交流が出来るなんて考えるだけで楽しそうですよね。
しかしそれには言語の問題や、海外の人に対しての習慣などの理解も無いと難しい場合もあります。
ホスト(宿の提供側)になる人は、性格が穏やかで相手の少しくらいの失敗をすぐに許してあげられる方が向いている物と思われます。
Airbnbは素晴らしいサービスですが、やはり人間同士のことなので、時にはトラブルもあるでしょう。
しかしお互いに事前に相手の文化を理解していれば、受け入れられるものなのです。

日本人は礼儀正しい人が多いため、海外からの旅行客も来るたびに気持ちのよい思いをして帰るという話をよく聞きます。
Airbnbを通して、現地の人と交流する際は日本人代表という気持ちで、きちんと対応していきたいものですね。

Airbnb(エアビーアンドビー)で他にはない宿泊体験

変化のない日常生活を送っていると、なんだか息苦しくなって来ますよね。平穏な日々が一番ありがたいのだと分かってはいるけれども、イライラして周囲の人に当たってしまう…。こんな症状が出てきたら、それは旅行に行きなさいという自分の心からのメッセージです。
さて、いざ旅行に行くと決まっても、ありきたりなものではツマラナイですよね。良く知っている場所へ行って、良く知っているホテルに泊まるのは、リラックスするのは確かですけれど平凡すぎます。旅の目的は、単調な日常からの脱出ですから、もう少し冒険がしたいです。かといって危険すぎる場所はやはり問題がありますよね。
そんな、ちょっと刺激が欲しいけれど、危険すぎるのは困るという人には、Airbnb(エアビーアンドビー)というサービスがお勧めです。
Airbnb(エアビーアンドビー)とはお部屋を貸す人と借りる人をつなぐネットサービスです。2008年8月から運営され、今や世界190ヶ国、34,000以上の街に広がっています。
現地の人が自宅である一軒家やアパートを、その地を旅行する旅行者に貸すというのが良くあるケースです。しかし中にはキャンピングカーや、遊牧民のゲルを貸してくれたりする変わり種もあります。お城を拝借なんてことも可能なのですよ。
普通の旅行案内には決して載っていない、エキサイティングな宿泊体験ができること請け合いです。
使い方は簡単で、Airbnb(エアビーアンドビー)のサイトで気に行った物件を探し、サイトを通じて宿泊の交渉をするだけ。相手も貸すつもりでサイトに登録している訳ですから、交渉はスムースに行きます。
貸主の評判や、以前そこに宿泊した人たちのレビューも載っているので、そちらを参考にすれば大丈夫。思わぬ好物件に格安で泊まることも可能です。
まだまだ発展途上のサービスですから、周りに Airbnb(エアビーアンドビー)を使った人は少ないかも知れませんね。だからこそ、あなたが先陣を切って利用すれば注目を集めること間違いなし。旅の土産話で大盛り上がりです。ちょっとした冒険気分で、ぜひトライしてみて。

Airbnbのサービスの様々な活用法と注意点

Airbnbのサービスを受ける際、基本的に旅行をしている地域の近くの物件を選ぶ事が原則です。旅行の目的で泊まる物件より少々離れていても自分に合っている場所ならば、ある程度旅行をしている場所よりも遠くにある物件を選んでも構わないです。
Airbnbのサービスを申し込む場合、場所を考慮しながらインターネットで部屋の概要や状態をしっかりと確認しておく事が基本です。物件の価値や場所によっては、意外にも一般的なホテルの宿泊料金よりもはるかに上回る場合が多いです。
個人の家の特徴は、個人や家族という単位で自由に家を使わせてもらえることです。ホテルや旅館などの宿泊施設と異なって、他人の目を気にしないで優雅に宿泊できます。従って、気持ち良く過ごしていくためにもしっかりとした物件のリサーチが大事です。基本的にはAirbnbで紹介されている写真や周りの風景を見て物件を選ぶ努力を行いますが、料金と家の中の質などが自分や家族に合わなければ敬遠する勇気も必要です。海外旅行で海外に行く場合、実際に事前に物件を下見して決めるわけにはいかないので、相談員などとしっかりと相談しながら決めた方が良いです。
物件を使用する際には、決められたハウスルールがあります。ハウスルールに則って、正しい使用法で宿泊する事を原則として、宿泊の契約をする事が基本です。従って、ハウスルールを守らない場合は、物件によっては途中で利用を中止させられる事もあります。利用する際のルールを確認して、落書きをするなどの利用にそぐわない行動を慎む事を心掛けます。特に家族が利用する場合に子供に言い聞かせたり、火の元などに十分に気をつけながら利用する事が前提です。
インターネットで部屋の情報を探していく場合、空き部屋を基本として探していく事になります。紹介している物件の中で特に人気な所は予約が殺到する傾向で、料金の掛からない所も埋まっている場合が多いです。早い者勝ちという考えで、良い物件を素早くリサーチする癖を付ける事も大事です。

パリの弾丸旅行でAirbnbを利用した旅を満喫

今回久しぶりに長期休暇が取れたので、フランスのパリに1人旅に行きました。

宿泊先を選択するときに私が以前利用したことがあるAirbnbというサービスを今回も利用することにしました。
Airbnbは個人の自宅の1室を提供してくれて、宿泊代はホテルの半額以上というサービスです。
Airbnbのサイトでホスト(部屋の提供者)の人とメールでやりとりをして詳細を詰めていきます。
広い部屋が見つかり、滞在計画とも一致したので宿泊をお願いしました。
今回のフランス旅行は3泊5日で、全部この部屋を利用することにしました。

パリに着くと待ち合わせ場所であるホストの自宅のある最寄り駅に向かいます。
あらかじめ交わした写真を見ながら、探していくと声をかけられました。
彼は43歳のPさん。
結婚していてご夫婦2人で住んでいます。
自宅に着くと奥さんが迎えてくれました。
日本の平均的な家より少し広い家でしょうか。
案内された部屋は10畳ほどの部屋でキッチンは自由に使って良いよといわれました。
ただ実際にはすべて外食で済ませましたが・・。

最初の夜はご夫婦に食事を歓迎していただきました。
日本人も泊めたことがあるそうで、日本の最近の出来事まで知っています。
僕もフランスの最近の出来事を話しましたが、お互い情報が少ない中で大分理解は違うなぁという感じで笑っていました。

今回の旅行ではパリ市内の観光と食べあるきをするのが目的です。
あらかじめ観光ツアーを申し込んでいたので、それで1日。残りの2日は自由行動にしていました。
2日の夜に部屋にいるとPさんご夫婦が来てくれて、これから行く場所を決めるのならとおすすめお店を紹介してもらいました。
パリの中でも一番美味しいパン屋だよというお墨付きのお店を教えてもらい次の朝行ってみると大行列。
それでも行列で待った甲斐のある美味しいパンをお店で満喫できました。

旅行の3泊はあっという間に過ぎ、Pさんご夫婦にパリに来たら連絡してと言われ、またの再会を約束しました。
弾丸旅行でしたが、宿泊でご夫婦の温かいもてなしを受け、すばらしい旅行になりました。

airbnbは急成長の会社である

Airbnb(エアビーアンドビー)というと、今インターネットの中でもとても急成長をしている会社であるといえるでしょう。
一昔前までは、誰も知らずにいましたし、また倒産しかけの会社でした。
しかし、Airbnb(エアビーアンドビー)は、東京オリンピックの開催などが決まったり、また海外旅行をするひとなどが増加していく中で、とても今利用されてきており、急成長をしている会社であるといえるでしょう。
すごい勢いで急成長をしているので、とても大きな会社になってきています。
いまでは、紹介しているインターネットサイトの数なども膨大な数となっていて、アプリなどをスマートフォンからダウンロードしたりすることも可能となっています。
スマートフォンなどからも、こちらのAirbnb(エアビーアンドビー)を利用するということは可能ですし、またこちらのホストなどに連絡をじかに取り合ったりなど、安全に使うことも可能となっています。
しかし、こちらのAirbnb(エアビーアンドビー)ですが、さまざまなことが言われています。
中には、こちらのAirbnb(エアビーアンドビー)を利用して、逮捕されたひともいるということが、インターネットのブログなんかでも話題となっています。
北欧だったり、また海外などでは、一か月間貸していたときに、部屋で殺人などが起きたり、またあるいは人が売春宿として使っていた、と言ったこともあったようです。
またさらに、貸していただけなのに、部屋を荒らされたりしたということもあるようで、こうしたサービスがある一方で、さまざまな災難、トラブルなども起こっているということが実際の所であるといえるでしょう。
なかなかこういったサービスなどはほかにありませんし、快適に使えば素晴らしいものであるといえますが、中には悪い人間もいますので、こういったことは起こりかねない、というのが残念な点ですよね。
しかし、こちらの会社側が一応保証などをしてくれますので、安心できますね。

旅行先でより優雅に楽しむ為には

近年は海外旅行の際に、ツアーなどに参加せずに、自分のプランによって楽しむ人が増えているのです。好きな観光地を回るのが旅行の楽しみですが、観光地ばかりを見るのではなく、庶民の暮らしがどのような状態なのかを除くのは非常に楽しいことです。

例えば、現地の人が毎日購入して食べているような食べ物を自分も体験してみることができるのです。その為には、食事を作るキッチンの設備なのが必要になるのですが、それを実現できる旅行のやり方があります。

それが、Airbnbです。これは、現地のオーナーが所有している物件を数日間だけ借り受けるという方法なのです。普通に不動産として販売または、貸し付け物件になっているアパートや、一軒家、またはペンションやコテージのような様々な物件を借りることが可能になります。

このメリットは、現地の人が生活に必要としているほとんどの物をそのまま使えるので、旅行先でよりゆったりした生活ができるのです。例えば、テレビやソファー、そしてテーブルやキッチンにある小物類などもそのまま使用できる状態にあるので、ゆっくりどのように楽しもうか検討することがいきます。

近年は、このAirbnbを利用して旅行を組み立てていく人が増えているのです。現地の物件を借り受けるときの手続きなども、Airbnbの会社がトラブルにならないように上手く取り次ぎをしてくれるので、問題無く利用していくことが可能になるのです。

どのような物件が好きなのか事前に写真で確認することができるので、奇抜な建物を選択すると言う考え方もあります。そして、立地条件も都会の中心部分から離れになったり、よりアウトドアな感じの部屋を探すことも可能になります。

なので、旅行がより楽しくなります。旅行先ではその物件の所有者とコミュニケーションを取ることも可能なので、現地の美味しい食事を提供しているお店などを紹介してもらえる可能性が高いのです。

旅行ガイドに載っていないような穴場が見つかるのもAirbnbの良いところだと言えます。

豪華な建物でリラックスできる空間を得る

大自然に恵まれた立地条件の建物に住んでみたいと思うような事があります。自分が住んでいる地域の近隣において、そのような物件があったとしても住みたいとは思わないはずです。

しかし、それが外国の旅行先であったのであれば、未知の大自然が広がっているのでワクワクしてしまうのです。そのような状況を体感するために、Airbnbを利用するという方法があります。

これは、自然の中に建てられたコテージなどがあった場合、常にその建物に住んでる人がいない場合が多いのです。そうなってくると、空き部屋として長年置いておくことになるのですが、なかなか買い手がつかない場合はその時間が無駄になってしまいます。

なので、旅行者にその期間貸し出すという方法があるのです。それがAirbnbです。

登録してある物件は世界中にかなりの数に上っており、旅行をしたい国のある特定の地域を検索しても、いくつかの物件は必ず見つかるはずです。それが、自然の中にあるペンションで会ったり、プール付きの豪華な住宅でも借りる事が可能になるのです。

高級な物件の場合は、1月だけでも借りる費用は結構な費用になってしまうのですが、旅行で数日間だけ利用するのであれば、それほど高額にならずに済むのです。

いつも高嶺の花だと思っていたような、広い部屋と高級家具、そして綺麗なシャンデリアやプールなどを堪能することができるのです。

これを体感するためには、Airbnbに登録して、自分が旅行したい地域の情報をチェックしていくのです。金額別にソートすることも可能なので、自分が宿泊に利用できる金額を設定するのです。

旅行をする際には、その目的があるはずです。有名な観光地を回ったり、レジャー施設を堪能したり、特定のアトラクションを見て回ったりする事が多くあります。

これらのイベントを回る間、最も利用しやすい地域にAirbnbで空き部屋を探すのです。豪華な空き部屋が見つかったのであれば、早めに登録して旅行内容を充実させることができるのです。

Airbnbについて

Airbnbという言葉については全く知りませんでした。
まず読み方としてはエアビーアンドビーという読み方をするようで、bnbの前半の接頭辞が「Air」となっていることに注目すれば、「エイアイアル」ではなく「エアー」と読めばよいことがわります。
ここから「空気」だとか「空間」といった言葉とのつながりはなんとなく想像できます。

しかし問題はそのあとです。

bnbとは、旅行先で【現地の家を借りられる】サービスです。「bnb」となっているのになぜ「b&b」という読み方になるかということです。これは簡単に言ってしまえば、そのような表現でネーミングされたからということでしょう。
というのも「b」と「b」の間にくる「n」は「エヌ」ですが、日本人は「エ」「ヌ」とはっきり読んでしまいますが、そもそも「ヌ」は少なくとも日本人にとってはっきりと「ヌ」と聞き取れるような発音にはなりません。
つまり「n」の「ヌ」の部分は「ヌ」と言うより小さく「ン」と発音している感じに近いわけですね。

そうなるとなんとなく日本人にも「ビーアンドビー」と読む意味が掴めて来ます。まず「アンド」はまさしく英語の和式発音で、「and」は「エン」と小さく「ド」と発音するような要領で発音しますから言ってみれば「エン」に近いわけです。
つまり「n」の発音にかなり近いわけです。よって「bnb」はそのまま英語式発音で発音しても「ビーエン(小さくヌ)ビー」ですから、「ビーエンビー」つまり「b and b」に大変近いということがいえます。

こうした発音の近さから転じて、ブロークンイングリッシュとして用いられるようになったのが「and」の省略形として「n」だと考えられます。

ではそのほかに似たようなケースがないかというとあります。それは「you」を省略形として「u」とだけ表現すると言った方法です。youとuは正確には発音は異なりますが、それこそ和製発音ではどちらも「ユー」となる訳です。

このように、英語は発音が近いことから省略した文字で表現される場合もあるということです。