Airbnbでホストになるときの注意点

Airbnb(エアビーアンドビー)でホストになるときの注意点をいくつか見ていたのですが、Airbnbが保証金をどうしているのかということの流れを理解しておくことも必要なようですね。ゲストが滞在中に事故などが起きてしまうこともあるわけですし、実際に中国だったかで事故があったというニュースを見たような記憶があります。このような事故が起こったときに備えて、Airbnbが保証金をどうしているのか分かっておいた方がよさそうです。
また、Airbnb以外の保険に加入しておいた方がいいと、Airbnb自身もすすめています。家主・貸主保険に入っておくと安心は増します(当たり前ですけどね)。またホストをサポートしてくれるAirbnb Supportersのような代行サービスサイトもありますので知っておいて損はないでしょう。
ホストの責任というものもしっかりの認識しておかなければいけません。ホストの責任というページをよく読むことをおすすめします。ホストの責任というページは、かなりたくさんのことが書かれています。ホストにも一定の責任がありますよね。ただ貸せばいいというものでもないでしょう。特に、外国人に貸すような場合は、日本人なら当たり前のことだとしても、外国人は知らずに何かとんでもないことをしでかすことだってあるわけです。日本人には思いつかないようなことに対して、準備をするというのは難しいことではありますが、それでもできる限りのことはしておかなければいけないのです。
パーティーのホストやイベントのホストって、案外たいへんなことが多いのですが、そのぶんやりがいもあって、とてもいい体験になります。ホストのおもてなし次第で、ゲストの旅の印象が大きく変わることだってあるでしょうからね。そう考えると、ホストは外交官のような役割を果たしていると言えるかもしれません。ホテルや旅館であれば、従業員は教育を受けています。ホストはそうではありません。ですから、いろいろなことを学ぶ必要もでてくるわけです。

SNSでもご購読できます。