airbnbとは

「Airbnb」ってどういうものなの?

海外旅行に行ったことのある人はそれなりに多いとは思いますが、実際に現地の人の生活を体験した人は少ないのではないでしょうか。パッケージツアーで観光地を回っても現地の人と触れ合うことはできませんし、フリーツアーでもホテルに宿泊していては現地の人たちにとっては「お客様」以上の扱いを受けることはありません。でも、もし現地の家を借りることができれば、現地の人と触れ合い、現地の生活を実際に触れられる貴重な体験ができるのではないでしょうか。そんなサービスを提供しているのが「Airbnb」です。
「Airbnb」が宿として提供している民家はロンドンやパリ、ニューヨーク、ロサンゼルスなど190カ国の34,000都市にのぼります。「Airbnb」のサイトでアカウントを作成して、検索をかけて好みの物件を探します。予約をリクエストすれば、あとの手続きは「Airbnb」がやってくれますので、あなたは決められた日にその場所に行けばいいのです。現地の民家に安全に宿泊できるのですから、現地の人と同じように買い物をするなど、普通の旅行者では体験できないことを楽しめる、ちょっとだけ変わったツアーが体験できます。
気になる宿泊料の方ですが、普通の民家だけあってばらついていますが、安いものだと1泊5000円を切る物件も存在していますので、上手く利用すれば旅行の費用を抑えることも可能になります。万が一、旅行中に問題が起きた場合でも返金に応じるシステムになっていますので、ご心配なく。
また、何らかの理由で空き家を抱えている人は、「Airbnb」を通じて宿として提供することも可能です。実際「東京」や「大阪」、「京都」など日本の都市で検索をかければたくさんの物件がヒットします。日本でもホストとして「Airbnb」を利用している人がいるということです。普段の生活で使用していない物件を国際交流のために提供して、なおかつ宿泊料までもらえるのですから言うことなしですね。
旅行したい人も、宿を提供したい人も、一度「Airbnb」のサイトをのぞいてみてはいかがでしょうか。

airbnbのサービスについて

airbnbというサービスが今とても話題となっているんですね。こちらのサービスですが、どういったものなのかとても気になるという人も多いと思います。本日は、airbnbホスト視点からわかりやすくairbnbの考察をしていこうと思います。

こちらのairbnbですが、まず、こちらのサービスは、海外旅行などに行く人が利用するととても便利なサービスとなっているのが特徴ですね。たとえば、こちらのairbnbを利用すると、さまざまな海外の国において、現地の家などを借りることができるというサービスになります。ですので、ホテルなどの旅に飽きたという人やまたグループなんかで旅をしてみたいという人や、また現地の家に住んでみたいという人などはこちらのサイトを利用することで、一風変わったたびなどができるというわけです。

最近では、バックパッカーの人なんかが増えてきていますし、安宿などが人気となっていますが、こちらのサービスの場合は、自宅の家を借りることができるということで、衛生面なども安心できることが多いですし、また広々と使うことができるというのが大きな特徴となっています。

こちらのairbnbについてですが、世界中で使われているサービスで、こちらのエアビーアンドエアビーが仲介をしているということなので、自分自身で契約をするという必要性がありません。ですので、とても使いやすいですし、初心者の人でも使いやすくなっています。

最近では、日本語のサイトなどもありますので、英語が苦手という場合でも、それほど難しくなく借りることができるというのが大きなメリットとなります。ルールなどは、その家の持ち主と言うホストが決めるということになっていますので、こうしたルールをしっかりと守って、滞在するということが必要となります。しかし、何かあった場合は保証料などをairbnbが払ってくれるということになりますので、貸す方も借りる方も安心して利用できます。

個人旅行の際には何でも自由に選択できる

ツアー旅行を何度も楽しんでいると、旅行から帰ってきた後で次にどこに行きたいか考えるようになります。最近では格安ツアーの広告が目立つようになってきて、安い料金を追い求めていくと次々と良いツアーが見つかるのです。

このような旅行好きになってくると、段々とツアーで楽しむよりも、個人旅行で行ってみたいと思うような国が出てきます。

テレビで海外のすばらしい景色やアトラクション、または美味しそうな料理の番組を見ることがあります。これらの体験をしてみたいと思うなら、自分で旅行スケジュールを組み立てていく感覚が重要になります。

そこでポイントになるのは、ツアーパッケージではないのでトータルの旅行費用が高くなってしまう事です。そんな事から旅行費用を抑えるためにAirbnbを利用するという考え方になります。

これは、宿泊先の地域で空き部屋として貸し出されている物件を借りることができる方法であり、通常の民家の住宅以外にも、ツリーハウスだったり、コテージのようなスタイルや、お城のような物件が借りることが出来たりします。

これが年間契約等なら相当な金額になるのですが、僅か数日間の旅行の期間中だけ借りるので格安で宿泊できるのです。これまでテレビでしか見たことがないような物件に宿泊できるので、海外では相当な人気となっています。

宿泊先の物件がどのような感じなのか、ネットで写真を閲覧することが出来るのですが、おしゃれな部屋が非常に多いのです。それはAirbnbを所有しているオーナーが、民間向けの宿泊ではなく、海外の旅行者たちをまどかさせようと思って印象に残る家具なども準備しているのです。

そんな事から、宿泊先を探していると良さそうな物件がいくつも見つかります。しかも、その国に行ってホテルを借りたときの金額と比べると格安となる可能性が高いのです。

これから個人旅行をしようと考えている場合は、まずはAirbnbにユーザー登録して、世界中にどのような物件があるのか閲覧してみることが大事になります。

Airbnbの有効活用で楽しい旅行を

Airbnbというサービスがあります。
これはサンフランシスコ発の旅行者向けのWEBサイトで、登録をすることで誰でも世界中で現地の人が住む家を直接宿泊先として借りることが出来るという非常に素晴らしいサービスなのです。
このサービスのお陰で、沢山の観光客が押し寄せた場合でもホテルが借りられずに途方に暮れることもなく、むしろホテルに泊まるよりも充実した旅行になる場合も多々あるのです。

日本でもAirbnbの利用者は増えており、楽しい海外旅行を実践している方も多いのです。
沢山の国の方が登録していることもあり、大抵の場合は現地の登録者の家を借りることが出来ます。
その経験はまさに旅行者にとって忘れられないものになるでしょう。

普通の旅行と違い、現地の家に泊まるということはその国の文化や習慣を直接現地の方に目の前で教わることが出来るのです。
観光だけして帰るのも楽しいかもしれません。
しかし現地の方とより深い交流をすることで、違った何かが見えてくることでしょう。
色々と知らなかったことを知る良いきっかけとなるのです。
旅行者目線だけではなく、現地の人目線での話を聞くことで、より一層その国に興味をもつかもしれません。

Airbnbに登録している日本人の中には、自宅を宿として提供している方も多数います。
海外の方と日本にいながら頻繁に交流が出来るなんて考えるだけで楽しそうですよね。
しかしそれには言語の問題や、海外の人に対しての習慣などの理解も無いと難しい場合もあります。
ホスト(宿の提供側)になる人は、性格が穏やかで相手の少しくらいの失敗をすぐに許してあげられる方が向いている物と思われます。
Airbnbは素晴らしいサービスですが、やはり人間同士のことなので、時にはトラブルもあるでしょう。
しかしお互いに事前に相手の文化を理解していれば、受け入れられるものなのです。

日本人は礼儀正しい人が多いため、海外からの旅行客も来るたびに気持ちのよい思いをして帰るという話をよく聞きます。
Airbnbを通して、現地の人と交流する際は日本人代表という気持ちで、きちんと対応していきたいものですね。

airbnbは急成長の会社である

Airbnb(エアビーアンドビー)というと、今インターネットの中でもとても急成長をしている会社であるといえるでしょう。
一昔前までは、誰も知らずにいましたし、また倒産しかけの会社でした。
しかし、Airbnb(エアビーアンドビー)は、東京オリンピックの開催などが決まったり、また海外旅行をするひとなどが増加していく中で、とても今利用されてきており、急成長をしている会社であるといえるでしょう。
すごい勢いで急成長をしているので、とても大きな会社になってきています。
いまでは、紹介しているインターネットサイトの数なども膨大な数となっていて、アプリなどをスマートフォンからダウンロードしたりすることも可能となっています。
スマートフォンなどからも、こちらのAirbnb(エアビーアンドビー)を利用するということは可能ですし、またこちらのホストなどに連絡をじかに取り合ったりなど、安全に使うことも可能となっています。
しかし、こちらのAirbnb(エアビーアンドビー)ですが、さまざまなことが言われています。
中には、こちらのAirbnb(エアビーアンドビー)を利用して、逮捕されたひともいるということが、インターネットのブログなんかでも話題となっています。
北欧だったり、また海外などでは、一か月間貸していたときに、部屋で殺人などが起きたり、またあるいは人が売春宿として使っていた、と言ったこともあったようです。
またさらに、貸していただけなのに、部屋を荒らされたりしたということもあるようで、こうしたサービスがある一方で、さまざまな災難、トラブルなども起こっているということが実際の所であるといえるでしょう。
なかなかこういったサービスなどはほかにありませんし、快適に使えば素晴らしいものであるといえますが、中には悪い人間もいますので、こういったことは起こりかねない、というのが残念な点ですよね。
しかし、こちらの会社側が一応保証などをしてくれますので、安心できますね。

Airbnbについて

Airbnbという言葉については全く知りませんでした。
まず読み方としてはエアビーアンドビーという読み方をするようで、bnbの前半の接頭辞が「Air」となっていることに注目すれば、「エイアイアル」ではなく「エアー」と読めばよいことがわります。
ここから「空気」だとか「空間」といった言葉とのつながりはなんとなく想像できます。

しかし問題はそのあとです。

bnbとは、旅行先で【現地の家を借りられる】サービスです。「bnb」となっているのになぜ「b&b」という読み方になるかということです。これは簡単に言ってしまえば、そのような表現でネーミングされたからということでしょう。
というのも「b」と「b」の間にくる「n」は「エヌ」ですが、日本人は「エ」「ヌ」とはっきり読んでしまいますが、そもそも「ヌ」は少なくとも日本人にとってはっきりと「ヌ」と聞き取れるような発音にはなりません。
つまり「n」の「ヌ」の部分は「ヌ」と言うより小さく「ン」と発音している感じに近いわけですね。

そうなるとなんとなく日本人にも「ビーアンドビー」と読む意味が掴めて来ます。まず「アンド」はまさしく英語の和式発音で、「and」は「エン」と小さく「ド」と発音するような要領で発音しますから言ってみれば「エン」に近いわけです。
つまり「n」の発音にかなり近いわけです。よって「bnb」はそのまま英語式発音で発音しても「ビーエン(小さくヌ)ビー」ですから、「ビーエンビー」つまり「b and b」に大変近いということがいえます。

こうした発音の近さから転じて、ブロークンイングリッシュとして用いられるようになったのが「and」の省略形として「n」だと考えられます。

ではそのほかに似たようなケースがないかというとあります。それは「you」を省略形として「u」とだけ表現すると言った方法です。youとuは正確には発音は異なりますが、それこそ和製発音ではどちらも「ユー」となる訳です。

このように、英語は発音が近いことから省略した文字で表現される場合もあるということです。