airbnb雑学

日本国内の旅行でもAirbnbが活躍しました

Airbnbというサービス自体は、ネットニュースなどで話題になっていましたから、開始当初から知っていました。ただ、なんとなく海外専用のサービスという気がしていたんですよね。実際に東南アジアに旅行した時に使ったことがあるのですが、シェアハウス風の建物で多くの国の人と交流しましたので、その印象が強かったのかもしれません。
今回は日本国内の旅行を計画していたのですが、外国人観光客が増えていることもあって、宿泊費は以前よりも高くなってしまいました。そんな時に、Airbnbの存在を思い出して、サイトにアクセスしてみたんです。すると、意外にも日本でもサービスを行っている人が多いんですね。考えてみれば、民宿をインターネット上で予約できるような内容なんですから、日本にこそふさわしいサービスなのかもしれません。
今回私が宿泊したのは、四国にあるワンルームマンションです。Airbnbのサイトで氏名やカード情報などを入力して予約を行ったのですが、一泊2千円台という、通常のホテルでは考えられないような安さでした。実際に、飛行機で現地に向かって、建物の所有者だという初老の男性から、鍵を受け取りました。当たり前ですが言葉は通じますし、郊外とはいえ見慣れたコンビニなどもありましたから、まったく心配はありませんでしたね。トイレと浴室が共有でしたが、最初にお話ししたように東南アジアに旅行した経験がありますから、まったく気になりませんでした。
四国はうどんなどおいしい食べ物が多いことで有名ですが、いろいろなお店で食べ歩きしようとすると、結構お金がかかってしまいますね。ですが、今回はAirbnbで格安の部屋を予約しましたから、グルメにお金を使うことができました。旅行後に調べてわかったことですが、Airbnbで借りられる日本の物件の中には、今回私が泊まったワンルームマンションのほかにも、小規模な旅館やホテルもあるようですね。今後は個人旅行だけではなく、出張の際にも積極的に利用したいと思います。

旅行プランを計画するときに必要なこと

旅行者が宿泊する施設を、リーズナブルな価格で提供するAirbnbというサービスが人気となってきています。旅行先で空き物件に宿泊する事が可能なサービスなので、自由な物件選びが可能になります。

旅行に行き慣れてる人の場合は、どこの国のホテルに泊まっても似たような部屋であるし、食事についてもある程度のレベルの食事が提供されます。つまり、印象に残らないホテルと食事になってしまうので、このあたりをガラッと変えると楽しめるのです。

Airbnbを利用するには、ネットでユーザー登録して、現地の物件を検索する事になります。この時に旅行先でよく回る地域を中心に地域を絞り込んでいくのです。

そして、予定している地域一帯にどのような物件が登録されているのがすぐに分かるので、その物件の中から価格的にも間取り的にも自分が納得できる部屋を決めるようにします。

この時にポイントにしているのは、物件を所有しているオーナーがどれくらいAirbnbの利用者に支持されているかです。これまで利用したお客さんが、その物件の使い勝手やオーナーとのやりとりについてのレビューを残しているのです。

このレビューを参考にしていくと、実際に旅行の際にどれくらい楽しめそうであるか分かってくるのです。また、物件を所有しているオーナーの人柄が分かってくるので、安心できる旅行になりそうか検討することができます。

Airbnbの使い方が分かってくると、旅行を更にリーズナブルに楽しくすることが可能になるのです。この時ホントになるのは、航空券を手配するときの費用を安くする事ができるかです。

旅行代理店がプランしているツアーの場合、航空券も含めて安くなる可能性が有るため、自分で旅行プランを立てたときにはどうしてもこの部分のコストを下げる事は難しいはずです。

そんな事があるため、トータルで安く楽しく旅行をするために、どのプランを選ぶか迷うようになります。しかし旅行になれている人であれば、Airbnbを利用する人が多くなってきているのです。

Airbnbを利用して自宅を旅行者に貸し出しています

Airbnbというサイトに仲介してもらって、自宅の空き部屋を海外からの旅行者に貸しています。私の部屋は有名な観光地のそばにあるので、一年を通して宿泊客に恵まれています。いろんな国から、いろんな人がやってきますが、外国人との交流は楽しいです。そのうえ、宿泊料も稼げるのですから、私はAirbnbが提唱している「民泊サービス」に大変満足しています。

私がAirbnbに登録している部屋は、私が現在住んでいる一軒家の離れにある空き部屋です。4~5人は寝泊まりできる大きめの部屋で、トイレやお風呂は私たちホストと共有することになりますが、キッチンは備え付けています。その部屋を1泊5~6千円くらいで貸し出しています。朝食を望むゲストには追加で1千円を頂いています。この価格が高いのか安いのかは私にはよく分かりません。しかし、安定して宿泊客が訪れ、レビューでも上々の評価を頂いているので、高くはないのでしょう。月々としては、5~10万円くらいの収益となっています。これを少ないと思う人もいるかもしれませんが、もともとは物置だった空き部屋がお金を産んでくれているのです。それに、民泊サービスはあくまで副業の位置づけですから、私はこの金額で十分満足しています。

宿泊客は主に中国や韓国からの旅行者が多く、ときどきヨーロッパやアメリカからの旅行者が泊まることもあります。友人にAirbnbの話をすると、部屋が荒らされたり、盗難されたりすることはないの?との心配を受けますが、私はまだそのような経験はありません。どんな国から来た人も、みんなそれぞれ良い人たちでした。それに、Airbnbのサイトには評価システムがありますので、それを参考にして、問題のありそうなゲストはお断りすることができます。日本ではまだまだ抵抗感の強そうなAirbnbですが、世界的にはスタンダード化していますし、実際に経験してみれば、心配するほどのリスクはないものだと納得していただけると思います。

私は異国の人と交流するのが好きですので、今後も細々とAirbnbを続けていければいいなと思っています。

Airbnbこれからのために必要なこと

世界的な広がりで普及しているAirbnbですが、便利な反面やはりトラブルも増えているようです。2008年に始まったサービスですから新しい物にはトラブルはつき物、これから改善されていくのでしょう。とはいえ、新しいがゆえの不備による物だけではありませんからトラブルが無くなる事は無いでしょう。新しく出来た物やサービスは新しいトラブルを生むのです。たとえば電話です。

電話が出来たことで世界は繋がりました。最初は音声だけだった情報も今や文字や映像がインターネットを通じてやり取りされています。電話の登場が経済を発展させ人々の暮らしを豊かにしました。電話とその回線網抜きには世界は成り立たないといっても過言ではないでしょう。しかしその一方で電話は新たなトラブルをもたらす物にもなりました。小は嫌がらせ電話から大は脅迫や詐欺など犯罪に関わることまで、きっと今も世界中のどこかで電話は犯罪の手段や道具として使われているでしょう。それを承知で人々が電話をというか電話回線を使ったサービスを使い続けるのは便利な物には必ず副産物として不便が付いてくることを許容しているからだと思います。

Airbnbにもトラブルはあります。これからも増えていくでしょう。でもだからといって禁止してしまえば社会を便利にし、成長させる芽を摘むことにもなりかねません。電話とAirbnbを同列には比較出来ませんが、電話が電気信号による情報の流通網なら、Airbnbは人の流通網です。情報も人もその流れはお金を生みます。経済を動かします。人の流れが増えればAirbnbの成長にとどまらず中国人旅行者の爆買いのように経済効果は多方面に波及していくのです。電話は長い時間をかけて成長発展し必要不可欠の物となっただけでなく新たなビジネスを生む基盤ともなっています。Airbnbはまだ生まれて間もない新しいサービスです。悪い所ばかり見て否定するのではなく、良い所と悪い所両方をしっかりと見極めたうえで長期的な計画の下、改良・改善または修正して発展させていく必要があると思います。