空き部屋活用術

別荘をairbnbに登録して、旅行者に貸し出してみた

みなさんは別荘の管理をどうしていますか?私は海沿いに別荘を一つ持っているのですが、利用するのはもっぱら夏季休暇やGWのときだけ。それ以外のシーズンはたまに空気の入れ換えのために訪れる程度でした。無駄な買い物をしたなと後悔するところもあり、よい買い手がいれば売ってもいいなと考えていました。しかし、そんなある日、airbnbの存在を私は知ることになるのです。

airbnbは別荘の維持に悩む人にとっては救世主のようなサービスかもしれません。airbnbとは、空き物件を短期的に貸し出したい人(ホスト)と、空き物件を短期的に借りたい旅行者(ゲスト)とをマッチングするサービスのことです。ホストはどんな物件でもairbnbに登録することができます。一軒家でもマンションでも、もちろん別荘でも構いません。airbnbに登録された物件は宿泊施設としてインターネット上に公開され、旅行者の目に留まるのを待つことになるのです。別荘をもてあましていた私にとっては渡りに船のようなサービスでした。さっそくairbnbに別荘を登録し、自分たちが使用しないときは旅行者に貸し出すことにしました。中には運営から管理、代行サービスをしてくれる会社まであります。中でも人気なのがやはりairbnb掃除代行のサービスです。掃除を任せることで手間がはぶけ、料金もリーズナブルでおすすめです。悩んでる方は是非リンク先のサイトを覗いてみてくださいね。

別荘をairbnbに登録してからというもの、これまでたくさんのゲストに利用してもらえました。海外から来た旅行者の利用が多いのですが、日本人の利用も少なくありません。別荘は私の自宅から離れているので、鍵の受け渡しや部屋の清掃などは代行業者にお願いしています。おかげで、ほとんど手間がかかりません。私がしていることと言えば、ゲストからの宿泊希望を受け取り、それを認可することくらいです。そんな軽作業をこなしているだけで、それまでお荷物だった別荘が宿泊施設として収益を上げるようになったのですから、airbnbというサービスの登場には感謝するばかりです。

かつての私のように物件をもてあましているような人は、是非ともairbnbを利用してみるとよいと思います。最近の日本では「空き家問題」が話題になることも多いですが、airbnbを経験した私からしてみれば、なんとも勿体ない話です。もてあましている空き家ならば、airbnbに登録して、どんどんお金を稼いじゃいましょう。

Airbnbでホストになるときの注意点

Airbnb(エアビーアンドビー)でホストになるときの注意点をいくつか見ていたのですが、Airbnbが保証金をどうしているのかということの流れを理解しておくことも必要なようですね。ゲストが滞在中に事故などが起きてしまうこともあるわけですし、実際に中国だったかで事故があったというニュースを見たような記憶があります。このような事故が起こったときに備えて、Airbnbが保証金をどうしているのか分かっておいた方がよさそうです。
また、Airbnb以外の保険に加入しておいた方がいいと、Airbnb自身もすすめています。家主・貸主保険に入っておくと安心は増します(当たり前ですけどね)。またホストをサポートしてくれるAirbnb Supportersのような代行サービスサイトもありますので知っておいて損はないでしょう。
ホストの責任というものもしっかりの認識しておかなければいけません。ホストの責任というページをよく読むことをおすすめします。ホストの責任というページは、かなりたくさんのことが書かれています。ホストにも一定の責任がありますよね。ただ貸せばいいというものでもないでしょう。特に、外国人に貸すような場合は、日本人なら当たり前のことだとしても、外国人は知らずに何かとんでもないことをしでかすことだってあるわけです。日本人には思いつかないようなことに対して、準備をするというのは難しいことではありますが、それでもできる限りのことはしておかなければいけないのです。
パーティーのホストやイベントのホストって、案外たいへんなことが多いのですが、そのぶんやりがいもあって、とてもいい体験になります。ホストのおもてなし次第で、ゲストの旅の印象が大きく変わることだってあるでしょうからね。そう考えると、ホストは外交官のような役割を果たしていると言えるかもしれません。ホテルや旅館であれば、従業員は教育を受けています。ホストはそうではありません。ですから、いろいろなことを学ぶ必要もでてくるわけです。

Airbnbは私に合ったサービスのような気がします

現在、私は40代半ばの独身サラリーマンです。相撲取りになるため高校を卒業したあと上京しましたが、状況するときに乗っていた新幹線のなかで私の身長が低すぎて相撲取りにはなれないことが判り相撲取りになる夢は諦めました。確かそのときの私の身長は155センチくらいだったと思います。すなわち相撲取りになるためには明らかに身長が足りなかったことになります。相撲取りには慣れませんでしたが何とか無事にフリーターにはなることができました。たったいちどの人生なので思い切って好きなことをしたいと思い田舎には帰らずフリーターで働いてきました。楽しい人生を歩いて来たと思いますが私も結婚を考えて10年前から婚活パーティーなどに参加して結婚相手を見つけようとしているのですがなかなか良い相手が見つかりません。お金も結構使っていてそろそろフリーターで貯めた貯金もなくなってきました。アルバイト代もなかなか増やしてもらえそうもないので何か副業でもしようかと思いました。試しに株でもやってみようかと思いましたが小さい文字を見ると頭が痛くなるので止めました。クレジットカードの現金化は簡単で良さそうだと思いクレジットカードを作ろうとしたのですが審査で落ちてしまいしまた。そこで何か別の副業はないかと調べてAirbnbというものを見つけました。自分の部屋を旅行者に貸してお金が貰えるというサービスです。世界的に爆発的な大人気になっている最新のサービスだということです。Airbnbサービスで空いている部屋や自分の家を旅行者に貸してお金をもらっているひとが世界的に増えているそうです。Airbnbはとくに元手もなく登録すればできそうなので私にピッタリのサービスではないかと思いました。もしかしらAirbnbで私の部屋に泊まりにきた金髪の美しい女性と恋に落ちて結婚てきるかも知れません。こう考えるともう私の頭のなかはAirbnbでいっぱいになってしまいました。Airbnbでお金儲けができて綺麗で優しい結婚相手が見つかったら本当に良いと思っています。

Airbnbというモデルは新しいビジネスとして稼げる

Airbnbの運営会社は、不動産を紹介してきた人の家を直接的に利用者に紹介するビジネスモデルを展開しています。紹介料として一部を利益として計上する中で、不動産を紹介した人にも賃料として収入が入ってきます。従って、多くの不動産を持っている人にとっては賃料を支払われた時点で、紹介料などを差し引いた分のお金が入ってくる事で、大きな収入を得られるチャンスがあります。
Airbnbを通じて、物件を紹介する中で多くの利用者に使ってもらうほど大きな収入を得られます。利用者も快適に使う事を目的としている場合が多いために、当然ながら安全で清潔な物件を優先的に利用する傾向です。物件を持っている人は、利用者のために快適に使ってもらうために部屋の清掃を心掛けたり、リフォームなどを鑑みてきちんと管理をするという意識を持つことが大事です。安心を感じさせる手入れによって、多くの利用者に対して快適な印象をもたらして、快適さなどの評価による口コミで結果的に家賃収入が多く得られやすいです。
不動産を持っている人が、物件をAirbnbを通じて紹介する場合、維持費や管理費は当然ながら自己負担として支払わなけばならないです。また、Airbnbに対する紹介料や高額なリフォーム代などの支払いを考えて、将来的な損益の部分も考慮しておく事が大事です。売上を出すために利用者に使ってもらう投資を惜しまないことが基本で、良い所などを写真に収めながら使ってもらうメリットなどを予め考えておくと良いです。
基本的に家の広さが大きければ大きいほど、家賃などを高額に設定できます。有名な不動産投資の行い方として、初期投資などの額に注意しながら利用者に紹介していきます。Airbnbはお金をもうけるという観点よりも、紹介する立場として良い物件を紹介している傾向です。多くの利用者に使ってもらうほど初期費用などを早く回収しやすいので、投資に関する費用対効果などに関する知識を十分に得ておく事も必要です。

豪華な建物でリラックスできる空間を得る

大自然に恵まれた立地条件の建物に住んでみたいと思うような事があります。自分が住んでいる地域の近隣において、そのような物件があったとしても住みたいとは思わないはずです。

しかし、それが外国の旅行先であったのであれば、未知の大自然が広がっているのでワクワクしてしまうのです。そのような状況を体感するために、Airbnbを利用するという方法があります。

これは、自然の中に建てられたコテージなどがあった場合、常にその建物に住んでる人がいない場合が多いのです。そうなってくると、空き部屋として長年置いておくことになるのですが、なかなか買い手がつかない場合はその時間が無駄になってしまいます。

なので、旅行者にその期間貸し出すという方法があるのです。それがAirbnbです。

登録してある物件は世界中にかなりの数に上っており、旅行をしたい国のある特定の地域を検索しても、いくつかの物件は必ず見つかるはずです。それが、自然の中にあるペンションで会ったり、プール付きの豪華な住宅でも借りる事が可能になるのです。

高級な物件の場合は、1月だけでも借りる費用は結構な費用になってしまうのですが、旅行で数日間だけ利用するのであれば、それほど高額にならずに済むのです。

いつも高嶺の花だと思っていたような、広い部屋と高級家具、そして綺麗なシャンデリアやプールなどを堪能することができるのです。

これを体感するためには、Airbnbに登録して、自分が旅行したい地域の情報をチェックしていくのです。金額別にソートすることも可能なので、自分が宿泊に利用できる金額を設定するのです。

旅行をする際には、その目的があるはずです。有名な観光地を回ったり、レジャー施設を堪能したり、特定のアトラクションを見て回ったりする事が多くあります。

これらのイベントを回る間、最も利用しやすい地域にAirbnbで空き部屋を探すのです。豪華な空き部屋が見つかったのであれば、早めに登録して旅行内容を充実させることができるのです。