個人旅行が好きな私はAirbnbに大変興味があります。

私は学生時代の頃からワーキングホリデーに興味関心がありました。自分でワーキングホリデー制度に加盟する国から行きたい国を選び、仕事をしながら旅行して、半年から1年間、その国に滞在できる制度です。

しかし、ワーキングホリデーで海外へ暮らすといっても、ある程度の資金がなくては現地で生活もできません。私は学生時代、家庭の諸事情で両親からの仕送りもなかったため、アルバイト代だけで生活せねばならず、とても貯金などできる状況ではなかったため、ワーキングホリデーも断念せざるを得ませんでした。

大学を卒業し就職しても、仕事に行き詰った時などは特に、またワーキングホリデーへの想いがふつふつと湧き、悶々とした日々を送っていました。そして、新卒で入社した会社を一身上の理由で退職し、新しい会社へ入社するまで1か月半の時間ができたとき、私は迷わず海外へ行きました。この1か月半の時間を疑似ワーキングホリデーの時間ととらえ、私はニュージーランドへと向かいました。

ニュージーランドではワーキングホリデーの方々が宿泊されるようなバックパッカーズやユースホステルなどに泊まり、世界各国から来られた旅行者とともに、部屋をシェアして寝泊まりしました。旅費を安く抑えるために、外食は必要最低限にし、基本的にはスーパーで買い物をして食堂で自炊しました。食堂では自炊する旅行者が数多くいるため、世界各国の料理を見ているだけでも貴重な経験となり、面白かったです。

このように、個人旅行でも、ワーキングホリデーのように、他の旅行者と気軽に会い、話し合えることも可能ですが、最近ではAirbnbなる世界的なサービスも登場してきました。空き部屋を有料で貸すことができるというこのAirbnbですが、私がこの個人旅行を行なっていた約15年ほど前にこうしたサービスがあれば、私はまっさきに利用していたのではないかと思います。

今は世界のあらゆる国の他、日本でもサービスが運用されてきているので、仕事で他県への出張の際でも、場合によっては利用も考えてみたいと思っています。

SNSでもご購読できます。