パリの弾丸旅行でAirbnbを利用した旅を満喫

今回久しぶりに長期休暇が取れたので、フランスのパリに1人旅に行きました。

宿泊先を選択するときに私が以前利用したことがあるAirbnbというサービスを今回も利用することにしました。
Airbnbは個人の自宅の1室を提供してくれて、宿泊代はホテルの半額以上というサービスです。
Airbnbのサイトでホスト(部屋の提供者)の人とメールでやりとりをして詳細を詰めていきます。
広い部屋が見つかり、滞在計画とも一致したので宿泊をお願いしました。
今回のフランス旅行は3泊5日で、全部この部屋を利用することにしました。

パリに着くと待ち合わせ場所であるホストの自宅のある最寄り駅に向かいます。
あらかじめ交わした写真を見ながら、探していくと声をかけられました。
彼は43歳のPさん。
結婚していてご夫婦2人で住んでいます。
自宅に着くと奥さんが迎えてくれました。
日本の平均的な家より少し広い家でしょうか。
案内された部屋は10畳ほどの部屋でキッチンは自由に使って良いよといわれました。
ただ実際にはすべて外食で済ませましたが・・。

最初の夜はご夫婦に食事を歓迎していただきました。
日本人も泊めたことがあるそうで、日本の最近の出来事まで知っています。
僕もフランスの最近の出来事を話しましたが、お互い情報が少ない中で大分理解は違うなぁという感じで笑っていました。

今回の旅行ではパリ市内の観光と食べあるきをするのが目的です。
あらかじめ観光ツアーを申し込んでいたので、それで1日。残りの2日は自由行動にしていました。
2日の夜に部屋にいるとPさんご夫婦が来てくれて、これから行く場所を決めるのならとおすすめお店を紹介してもらいました。
パリの中でも一番美味しいパン屋だよというお墨付きのお店を教えてもらい次の朝行ってみると大行列。
それでも行列で待った甲斐のある美味しいパンをお店で満喫できました。

旅行の3泊はあっという間に過ぎ、Pさんご夫婦にパリに来たら連絡してと言われ、またの再会を約束しました。
弾丸旅行でしたが、宿泊でご夫婦の温かいもてなしを受け、すばらしい旅行になりました。

SNSでもご購読できます。